イノベーションテックの研究及び普及並びにこれを活用したイノベーションの創出を目指す「イノベーションテックコンソーシアム」の設立総会が4月15日(月)パレスホテル東京にて実施されました。合計48の企業及び公的団体より、約110名の会員が集い、日本のイノベーション加速化に向けそれぞれの想いを新たにしました。 この総会を皮切りに、コンセンサスインテリジェンス技術(CI技術)を用いたアイデア創造のワークショップ等を定期的に開催し、各企業の「イノベーション力」の強化や新規事業創出の加速化と共に、会員企業間のオープンイノベーションを促進させようとしています。イノベーションテックという新たな領域を日本で打ち立て、世界へ発信することを志向します。

イノベーションテックコンソーシアム概要

趣旨

  • 誰しもが新たな価値を意図的に創造できるようになることにより、よりよい社会の実現を目指す
  • そのために、イノベーションを偶然やひらめきに頼るのではなく、科学的なアプローチ(イノベーションテックという)を用いることで、必然的に創発できることを研究・普及する
  • イノベーションテックという新分野を日本発で打ち立て、これを活用して企業のイノベーション力の向上を目指すため、イノベーション先駆企業が集まって新たな価値を共創するコミュニティを作る
※イノベーションテックの例:コンセンサスインテリジェンス技術(アイデアや人の創造力・目利き力などの定性的な価値を合意形成アルゴリズムを用いて定量的に評価する技術)を使用した合意形成など

目的

  • イノベーションテックの発展及び普及を行うこと
  • イノベーションテックの活用により、企業イノベーション力向上を図ること
  • 誰しもが新たな価値を意図的に創造できるようになることにより、よりよい社会を実現すること

当面の活動

  1. 最先端技術を活用したイノベーションテックの共同研究の実施
  2. デザイン思考テストのデータ活用(研究結果を会員と共有、イノベーション創発に利用)
  3. 研究レポート・政策提言各種勉強会の実施